TechMovie

【2020年版】現役動画クリエイターが選ぶおすすめ動画編集ソフト5選

約16分
【2020年版】現役動画クリエイターが選ぶおすすめ動画編集ソフト5選

YouTubeをはじめとする動画プラットフォームが拡大し、「動画編集ソフト」の需要も高まってきました。

有料でハイスペックなソフトから、無料でシンプルなソフトまで様々。

しかし現在は種類が多すぎて、どのソフトを使えばいいのか分からない方も多いでしょう。

今回は実際に動画編集ソフトを日々使い倒しているTechMovieの動画クリエイターが、「これから動画作りを始めたい方に向けておすすめの動画編集ソフト」を紹介していきます。

これからYouTubeを始める方・動画ビジネスを始めたい方はぜひ参考にして下さい。

動画編集おすすめソフト

名称 対応OS 値段 初心者使いやすさ
Adobe Premiere Pro Windows・Mac ¥2,480円〜/1ヶ月
Final Cut Pro Mac ¥36,800円
Filmora9 Filmora9 Windows・Mac ¥6,980円〜/1年
Power Director Power Directorロゴ Windows ¥6,200円〜/1年
Adobe Premiere Elements Adobe Premiere Elementsロゴ Windows・Mac ¥17,800円
iMovie iMovieアイコン Mac 無料
PowerPoint Windows・Mac 無料
AviUtl AviUtlロゴ Windows 無料

 

Adobe Premiere Pro

Adobe Premire Pro
引用|https://www.adobe.com/jp/products/premiere.html

Adobe Premiere ProはAdobe社が販売する定番の動画編集ソフトです。

機能が豊富で汎用性が高く、制作会社や動画編集のプロも使っているのが特徴です。

PhotoshopやAfterEffectsなど他のAdobeソフト連携させ、まるで映画のような高いクオリティの動画を作ることができます。

プロ仕様な分、初心者は操作するのに時間がかかるかもしれません。

また他のソフトに比べると金額が高いことネックですが、本格的な動画編集ソフトを使いたい・仕事や副業として取り組みたいと考えている方にはおすすめできる動画編集ソフトです。

ちなみに「Adobe Premiere Pro」は、学生なら学割プランで最大65%OFFで使用することができます。

%
使いやすさ
%
機能充実度
%
価格の手頃さ
対応OS MacOS / Windows
価格 ¥2,480円〜/月(税別)
無料お試し版 あり
特徴 月額定期購入
・コンプリートプランを購入でPhotoShopなど他のアプリを利用可能

Final Cut Pro X

動画編集ソフト FinalCutProX
引用|https://www.apple.com/jp/final-cut-pro/

Final Cut ProはApple社が開発した動画編集ソフトです。

こちらも扱いやすさから人気があるソフトで、多くのMacユーザーに使われています。

Apple社にはiMovieという無料の動画編集ソフトがありますが、このFinal Cut ProはiMovieから機能性が更に充実した進化版となっています。

そのためiMovieを触ったことがある方なら、割とスムーズに覚えられることができるのでおすすめです。

YouTubeに投稿する動画はもちろん、企業のプロモーション動画やCM制作などにも使えるハイクオリティなソフトです。

※Windowsでは使えないのでMacユーザー限定になります。

%
使いやすさ
%
機能充実度
%
価格の手頃さ
対応OS MacOS 
価格 ¥36,800円(税込)
無料お試し版 あり
特徴 ・Mac専用ソフト
・iMovieの機能充実版

Filmora9

動画編集ソフト Filmora9
引用|https://filmora.wondershare.jp/

商業利用ができるようになってから、徐々に人気が増えてきているのがFilmoraです。

直感的に操作できる分かりやすいインターフェイスおしゃれなテンプレートの多さ

から、初心者でも高いクオリティの動画を作ることができます。

クリスマスや卒業式など、シーズンに合わせたエフェクトやアニメーションが日々更新されていくので、新しい要素を取り入れながら動画編集できる楽しさもあります。お洒落なVlog系ムービー・ウエディングムービーには向いています。

中級者以上にはちょっと物足りない場面も出てきますが、低価格でそれなりのオシャレな動画を作りたい方にはおすすめできるソフトです。

%
使いやすさ
%
機能充実度
%
価格の手頃さ
対応OS Windows / Mac OS
価格 年間プラン(1年):¥6,980円〜(税込)
ライフタイムプラン:¥8,980円(税込)
無料お試し版 あり
特徴 ・直感的操作で分かりやすい
・他のソフトよりも安価で購入できる
・初〜中級者向け

PowerDirector

動画編集ソフト PowerDirector
引用|https://jp.cyberlink.com/products/powerdirector-video-editing-software/features_ja_JP.html

CyberLink(サイバーリンク)社が開発・販売を行っている動画編集ソフトがPowerDirectorです。

使い方が分かりやすく直感的な操作がしやすいのが特徴で、こちらも初心者の方にもおすすめできるソフトです。

エフェクトも豊富で基本的な編集機能には長けている分、より高度な編集を行いたい方にはちょっと物足りないかもしれません。

Macでは使えず、対応OSはWindowsのみとなっております。

%
使いやすさ
%
機能充実度
%
価格の手頃さ

値段もお手頃なので、今あるWindowsのPCでこれから動画編集を始めたい方にはおすすめです。

対応OS Windows
価格 ¥6,200円〜(税込)/1年
無料お試し版 あり
特徴 ・直感的操作で分かりやすい
・初〜中級者向け

Adobe Premiere Elements

動画編集 Adobe Premiere Elements
引用|https://www.adobe.com/jp/products/premiere-elements.html

Adobe Premiere Proを少し初心者向けに簡易化したのがAdobe Premiere Elementsです。

Premiere Proが機能性に長けた細かい設定ができるソフトな一方で、Premiere Elementsは逆に細かい調整をしなくても直感的に操作できるのが特徴です。

ただし使用している人があまり多くはなく、情報もそこまで沢山ありません。

YouTuberや動画編集者でPremiere Elementsを使っているという方にはお会いしたことがありません。

Premiere Elementsを購入するなら、いっそのことAdobe Premiere Proを使って勉強する方が多く見れらます。

%
使いやすさ
%
機能充実度
%
価格の手頃さ
対応OS Windows/MacOS
価格 ¥17,800円(税別)
無料お試し版 あり
特徴 ・Premiere Proをよりシンプルに使い易くしている
・Adobeのシンプルな動画編集ソフトが使いたい方へ

おまけ:無料の映像編集ソフト

動画編集ソフトの中には、無料で使えるソフトもございます。

まずは動画編集に慣れたい方・シンプルな機能だけで充分な方は、試しに一度使ってみるのも良いですね。

iMovie

動画編集ソフト iMovie
引用|https://www.apple.com/imovie/

Appleが無料で提供している動画編集ソフト、iMovieです。

同じくAppleが提供している有料版のFinal Cut Proと比べると機能は限られてきますが、カットやテロップなど最低限の機能は一通り揃っています。

まずはiMovieで操作に慣れて、そこから互換性のあるFinal Cut Proに進むというステップもおすすめできます。

iMovieはiPhoneやiPadアプリでも利用ができるので、複数の機器で1つの動画を編集できます。

%
使いやすさ
%
機能充実度
%
価格の手頃さ
対応OS MacOS
価格 無料
特徴 ・とにかく無料で動画編集ソフトを使いたい
・使い方に慣れたい

PowerPoint

動画編集PowerPoint
引用|https://products.office.com/ja-jp/powerpoint

PowerPointはマイクロソフトが開発したプレゼンテーションソフトです。

ビジネスマンの商談やセミナー資料として使われることが多いですが、PowerPointでも動画を作ることはできます。

スライドに合わせてBGMや表示効果のアニメーションを付け加えていけば、簡易的な動画であれば作れます。

ビジュアルよりもテキスト寄りのセミナー動画などにはおすすめで向いております。PCにインストール済のWindowsユーザーの方は試しに使ってみるのもアリですね。

教育機関の場合、Office 365 Educationを使用すれば270円/月額(学生の場合)で使用できます。

%
使いやすさ
%
機能充実度
%
価格の手頃さ
対応OS MacOS/Windows
価格 新しく購入する場合:¥14,526円(税込)
特徴 ・スライドに音楽やアニメーションを付け加えて動画にするスタイル
・PowerPointを使い慣れている方には入りやすい

AviUtl

動画編集ソフト AviUtl
引用|https://aviutl.info/

 

AviUtlはKENくんという方が個人開発された、無料の動画編集ソフトです。

1997年に開発され、いまだ根強い愛用者も多いのが特徴です。

拡張プラグインを入れていくことで機能がどんどん増え、どんなファイル形式も読み込めます。

使いこなせるようになると無料ソフトとは思えないような高いクオリティの動画ができます。

ほかの動画編集ソフトに比べると使い勝手がちょっと難しく、難易度が高いのが特徴です。

%
使いやすさ
%
機能充実度
%
価格の手頃さ
対応OS Windows
価格 無料
特徴 ・無料ながら機能がたくさんある
・拡張性が高い

動画編集ソフトまとめ

以上、動画編集のおすすめソフト【2020年版】について紹介してきました。

最近はYouTubeを始める個人や企業が増加しており、どちらかといえばシンプルな無料版よりも、有料版でしっかりとやり始める人が多く見られます。

Adobe Premiere ProFinal Cut Proは、今後使う人口も増えてくるでしょう。

副業として稼ぎの柱にしたい方は、後々のことを考えると有料版の本格的なソフトの方が良いですね。

一方、映像のクオリティではなくコンテンツで勝負したい方や個人の趣味として習いたい方には、使いやすくて安価なFilmora9PowerDirectorが人気があります。

あくまで趣味としてやる分には、この2つでも十分ですね。

また有料版のソフトでも、そのほとんどが無料体験版を利用できます。

自分に合ったソフトを見分けるため、、複数のソフトを無料で試してみるのもおすすめです。

ぜひあなたの目的に合った動画編集ソフトを見つけて、今後の活動に活かして下さい。

使用アイコンリンク
Adobe Premiere Pro icon by Icons8
Final Cut Pro X icon by Icons8
パワーポイント icon by Icons8
ウィンドウズ10 icon by Icons8
Mac OS icon by Icons8
090-3869-5269